ハードディスク交換後リカバリーできない

ハードディスクをお客様ご自身で交換された方がOSリカバリーできないという症状で持ち込まれるケースが増えています。今回はOSはwindows Vistaでハードディスクは物理的に壊れたので友人のパソコンに詳しい方が交換してくれたのだそうです。元付いていたハードディスクは持ち込まれていないが、まだ捨ててないそうなので、型番調べて頂きました。


原因はやはり型番が違いました。判りやすく言いますと相性です。詳しく言いますとセクター長さが異なります。元のディスクは512タイプで、新しいディスクは4Kタイプでした。インテルのドライバーを新しくしても、パーティションの開始セクターを修正しても回復しません。512タイプに交換するしかありません。もちろんパソコンの機種によります。市販のWindows7や8にすれば問題はありません。しかし別の問題ができます。ドライバーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です