Windows7でもServicaPack無モデルは要注意

Windows7のパソコンでOSリカバリーが失敗するという問い合わせを頂きました。診断の結果、ハードディスクに物理障害があり御客様の友人の方がHDD交換をしてくれたとの事。その友人の方もOSリカバリーに失敗する原因がわからず中断されたそうでした。


診断の結果、4Kセクターモデルを取り付けてありました。メーカー製パソコンで付属のリカバリーDVDでリカバリーしたりする場合はこの問題で失敗する事がよく有ります。「ハードディスクはどれも一緒」という認識の方が多いのに驚きます。自称パソコンマニアの方に多いようです。まったく知識がない方は、そもそもハードディスクを自分では交換しません。メーカー製パソコンでWindows7初期モデルはハードディスク交換後のOSリカバリーはそんなに簡単ではありません。512と4kの違いを理解しておく必要があります。メーカーの説明書には書かれていませんし、メーカーのサポートの方も知識はありません。従いましてメーカーサポートに問い合わせしても解決しません。というか、ハードディスク交換を認めていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です