ハードウェア暗号化されたUSBメモリー

USBメモリーもノートパソコンと同じように、データを暗号化する人が増えている。同時に壊れてデータ復元をお申し込みされる方も増えています。当店でお受けする際には、ユーザー様が申告されない限り暗号化されているどうか判りません。すでに壊れてドライブとして認識しない状態ですから・・・
今日は、Buffalo製のUSBメモリーをLお受けしました。症状から状態は重度の物理障害と判定しました。


通常、重度物理障害の場合、ケースを分解し後、基板とマイクロチップ(データが保存されたIC)を分離し、ICのピンから直接抽出を試みます。今回のようにデータが暗号化されている場合、データの再利用ができる状態では復旧できません。できる事もありますが・・・・
当店はUSBメモリーの重度物理障害からでもデータ復旧が可能な技術を所有しています。ですが、暗号化された物は復旧出来ない事が多いです。
ちなみに、当店に持ち込まれたのは10店目だそうです。
暗号化など無茶なUSBメモリーは、間違っても購入されない事をお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です