OSリカバリーでユーザーデータは消えます

Windowsのファイルが破損する原因は様々ですが、最も多いのはハードディスクの物理的不良セクター又はリードエラーです。リードエラーとは文字通り読み取りができないセクター有りなのですが、中にはウイルス感染や操作間違いによるシステムファイル削除などもある。
今日のテーマは、【OSリカバリーを実行するとデータは消えて無くなります】です。OSリカバリーを依頼される方は多いのですが、その中でトラブルとなるケースの例ですが【デスクトップのバックアップ】を希望される方が多い。実際には他の場所に保存してあってデスクトップにはショートカットが置かれている事もある。


OSリカバリーの場合に【一部分の場所のみをデータバックアップ】依頼された場合、OSリカバリー後に【大切なデータが無い】と言われても、後の祭りでありどうしようもありません。詳しく書きますと、別途のメニューである【データ復旧】をお申し込みされれば復元作業はお受けできますが、データが再利用出来る保証はありません。このような場合、破損して使えないファイルが多数です。【一部のファイルだけでも再利用できればいい】というようなお気持ちでお申し込み頂ければ良いのですが・・・完全なデータを要求される事が多くあります。データ復旧は魔法ではありません。
結論:OSリカバリー前には、全ての場所のデータをバックアップ、というメニューをお申し込みされる事をお奨めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です